冒頭文の書き方

冒頭文を書く上で、意識することは?

「なぜ、私はあなた(読者)に向けて記事を書いているのか?」

という点を冒頭文で説明すると、記事を熱心に読んでもらえます!

記事を書いた理由を、シンプルに伝える!

例えば、格安SIMをオススメする記事なら、

『格安SIMにしたら使い勝手そのままで月3000円も節約できた。この素晴らしい節約術を伝えたい』といったように、シンプルにまとめられるとGoodです!!

実例はこちら!

『私は昔から機械オンチで、格安SIMも難しくて良くわからないと敬遠していました。しかし、いざ導入してみると使い勝手が変わらないまま月3000円も節約できました。機械オンチな私でも出来たのですから、皆さんにも必ず出来ます。実際に私がやった方法を画像つきでレクチャーします!』

この実例で言いたい事は、

「機械オンチな私でも出来るのだから、敬遠するのはもったいない。この素晴らしい節約術を伝えるために、この記事をあなた(機械オンチな人)に向けて書いてます」

という事ですね。

書き手の行動理由とターゲットがハッキリ分かるので、読者は安心して読めます♪

この書き方は、「格安SIM」だけでなく、

「シミに悩んでいたけど、これを使ったら治った♪」
「口臭に効くサプリを探していたけど、これを使ったらすごく良かったので紹介します!」

など、幅広いテーマに使えます!!

さいごに

「相手の悩み」と「記事のテーマ(=記事で書く内容)」をうまく繋げるように、冒頭文を作ってみてください!

「この記事を読んだら、読者にはこんな良いことがありますよ♪」と、「メリットを感じる」ように書くと、相手の興味を引く、素敵な冒頭文になりますよ。

投稿日:

Copyright© 作業依頼 , 2020 All Rights Reserved.